中古マンションは新築マンションに比べて、価格が安い点が一番のメリットと言えます。

中古マンション

中古マンションにはメリットもありますがデメリットもあります。
それぞれご紹介します。

 

中古マンションのメリット

やはり新築マンションに比べ価格が安いという点が挙げられます。
新築はとても手が出ないという方でも中古マンションなら購入出来るという価格が魅力の一つと言えます。選択肢が多いというのもメリットと言えます。

 

また、新築マンションに比べ入居までの時間が比較的短くて済みます。
新築マンションでは入居希望者(申し込み者)を募集して先着順や抽選などを行い入居するという流れになります。
それに対して、中古マンションは契約をして入居という形になります。

 

あらかじめ自分が入居しようとしている部屋の周辺住人を調べることが出来るというメリットもあります。新築マンションの購入などでは他の住人も一緒に住み始めるため、隣にどんな人が住むことになるかなどがわかりません。
中古マンションであれば入居前に隣人や上階の住人層を知ることが出来るためメリットとも言えます。

 

中古マンションのデメリット

住宅ローンの金利や借り入れ条件が新築に比べて厳しくなるというのがあります。
また、築年数が原因による劣化などでリフォームをしなければいけない場合もあるので、諸経費が必要になることもデメリットです。

 

新築に比べて管理費が高かったり、仲介手数料が必要になることも挙げられます。
分譲マンションは築年数が経過するにつれて管理費が高くなります。
また、新築のようにマンション販売会社から購入するわけではなく、不動産会社から購入する場合が殆どなので仲介手数料が必要になります。

 

 

いかがでしょうか。
中古マンションにはメリットも多くありますが、デメリットもあります。
新築マンションとそれぞれの特徴を比べて、ご自分の経済状態やライフスタイルに合う方を選ぶようにして下さい。

新築マンションのメリット・デメリット