会社の信頼性と実績、営業年数、担当者の人間性などが、不動産屋を見極めるポイントです。

不動産の選び方

マンション購入やアパート賃貸など引越しで重要になるのが不動産会社です。
物件探しだけでなく重要な不動産屋の見極め方について紹介しています。

 

長い間、物件情報を更新していない釣り広告のある不動産屋には注意が必要です。

店舗に貼っている物件情報だけでなく、ホームページの物件更新日などにも注視してみて下さい。
メールや電話での問い合わせに対して、強引に来店を促す不動産屋も避けるようにした方が良いかもしれません。
顧客重視ではなく、契約を優先した強引な接客を行う可能性があります。
物件のマイナスポイントを隠すような不動産屋にも注意が必要です。
これは、隠しているかどうかを見極めるのも非常に難しいですが内覧など見学の際にしつこいくらいにマイナスポイントを多く聞きだすようにして下さい。
幾つか聞いているうちに、その言葉じりのニュアンスから本当の部分が洗い出せることがあります。

 

宅建免許の更新回数を確認出来る場合はチェックしてみて下さい。

宅地建物取引業者免許証は5年ごとの更新で、カッコの中の数字は免許の更新回数を表しています。

(2)であれば10年以上
(3)であれば15年以上営業している

ということになります。

 

実際にお店に行って、親身になって相談にのってくれているか人となりを観察することも重要です。
疑問に思っていることや質問などをしつこめにするとその応対で信頼出来る不動産屋かどうかがわかるようになります。

 

 

いかがでしたでしょうか。
以上の項目を総合すると、

  • 会社の信頼性
  • 実績など営業年数
  • そこで働いている担当の方の人間性のチェック

などが不動産屋を見極めるポイントと言えます。

 

マンションを購入する場合も賃貸の場合も引越しはスムーズに行いたいものです。
そのためには、良い不動産屋を選ぶ必要があります。
良くない不動産を見極め、少しでも住みやすい良い物件を見つけるようにして下さい。