新築マンションが中古より良いのは、新しくてキレイな点ではないでしょうか。

新築マンション

誰でも中古のマンションよりは新築のマンションに入居(購入、賃貸)したいと思うのではないでしょうか。
しかし、「値段のことを考えると中古の方がいいかも・・」という方も少なくないと思います。

 

そういったマンション購入や賃貸で悩まれている方へ新築マンションのメリットとデメリットを紹介致します。

 

新築マンションのメリット

幾つかありますが、

  • 耐震、免震構造がしっかりしている。
  • セキュリティ対策が整っている。
  • 先進設備が整っている。
  • 住宅ローンの金利や借入条件が中古より有利な場合がある。
  • 新築マンションは中古マンションと違いリフォームなどの経費がかからないため、入居後の経費もかからない。

などがあります。

 

他にも情報量が多いというメリットもあります。
新築マンションは入居者募集の広告なども積極的に出しているので、ネット経由の情報も手に入れやすいですしパンフレットやモデルルームなどの情報ツールも豊富です。

 

しかし、新築マンションが中古と違い一番良いのは、何と言っても新しくて綺麗という点ではないでしょうか。

 

マンション購入イメージ

 

デメリットも当然あります

一番は価格が高いということではないでしょうか。 
月々のローンが厳しくなってきたり、家計を圧迫してしまうこともないとは限りません。

 

マンションの住民について調べにくいというのもデメリットとなります。
新築マンションは購入前に住んでいるという人がおらず、同時期に購入(もしくは賃貸)するので隣人にどんな人が住んでいるか、上階がファミリー層で小さな子供がいないかなどの一切は住んでみるまでわかりません。
高価な買い物にも関わらず後悔するという事態が起きてしまうかもしれません。

 

 

いかがでしたでしょうか。
価格面だけで言えば中古マンションの方が安く済みますが、新築マンションには様々なメリットがあります。
それぞれのメリット、デメリットを把握したうえでマンション選びをするようにしましょう。