シングルやディンクス(夫婦共働き)を中心に、快適に生活できる空間として人気を集めています。

コンパクトマンションとは

最近、コンパクトマンションというマンションが流行りになりつつあります。

 

コンパクトマンションとは従来のワンルームのマンションとは違い、新しい時代の都市型住宅として居住性や利便性、収益性に優れた都市型のコンパクトマンションのことを言います。

 

1人~2人のライフスタイルに合わせたマンションでもあります。
都心部でも通勤に便利なエリアに増えつつあり、シングルやディンクス(夫婦共働き)の方を中心に流行しつつあります。
ファミリー型マンションと違い、お一人やお二人で住む為の住宅の選択肢としておすすめのマンション形態です。

 

コンパクトマンションの特徴

間取りや広さも快適に生活出来るよう設計されているので無駄なスペースがなく面積以上に広さを感じるようになっています。
コンパクトマンションに住むことのメリットは、面積がコンパクトなことにより、価格が比較的割安という点が挙げられます。
シングルやディンクス(共働き)をターゲットにされているマンションなので、若い世代がローンを組んでも無理なく返済出来るというメリットがあります。

 

また、都心部や駅に近いところに多いので交通の利便性だけでなく、売却や賃貸に出す場合も需要が多いという利点もあります。
気軽に住み替えも可能なので、生活環境が合わなかった場合や海外転勤などで事情が変わった時にもフットワーク軽く動ける(引越し出来る)というメリットもあります。

 

 

いかがでしたでしょうか。
今までのマンションでは20㎡前後のワンルームマンションと60㎡以上のファミリーマンションに二極化されていましたが、コンパクトマンションの登場によりシングルやディンクス(夫婦共働き)世帯でも快適に生活出来る空間として人気を集めています。

 

これからマンションの購入や賃貸しようとしている方やご検討中の方は、コンパクトマンションという選択肢を考慮されてみてはいかがでしょうか。